しまじろう(だんごむし)

こどもチャレンジはすごい。
先日、日本の友人とスカイプしたとき、今月号?先月号?のダンゴムシ特集を見せてくれた。
ドイツは日本ほどダンゴムシが身近なものではないが、子どもの興味関心は全国共通だと思う。先日、公園で5-6歳かと思われる女の子が手のひらに乗せたダンゴムシを見せてくれた。「ああ、ダンゴムシね」と言ったら、私の顔をぱっと見て、「そうそう、ダンゴムシ!」と嬉しそうにしていた。あんな風にくるっと体を丸めちゃう虫なんてそうそういるものではない。見つけたら子どもはそりゃあ、興味を持つだろう。
さて、こどもチャレンジでは、そのダンゴムシの生態・特徴をとてもわかりやすくまとめてくれていた。
-体の構造:触覚、目、足(14本!)
-特徴:体が丸まる、半分ずつ脱皮する(脱皮した皮を食べる)
-雄雌の見分け方:メスには模様がある
-ワラジムシとの見分け方:しっぽのあるなし、丸まる・丸まらない、体が平べったい・山型
-生息地:石や葉っぱの下
観察のポイントも、確か、①かたち、②食べ物、③動き、のように簡単かつ子どもにわかりやすい言葉で提示してくれていて、小学校低学年の生活科の内容を彷彿させた。今の年齢では確かにまだ早いが、子どもが何かに興味を持った時に、常にこうしたポイントで見るように促すことは重要だろうと思う。いやー、しまじろうはすごいわ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント