コロナウイルス38

イースター休暇に突入。嫌味なくらいのいい天気。 久しぶりに、お友だちとよく行く町の公園に行ってみた。公園といってもひとつの公園ではなく、さまざまな緑地・湖・自転車道があり、雪が降ればそりですべって降りられそうな傾斜や、小高い丘のようなものもある。つまり、その敷地内に複数ある遊具の置かれた公園は封鎖されているが、それ以外の緑地や丘、自転…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス37

うん、やっぱりみんな緩んできている。 友人の旦那さんは、当初神経質に、子どもに友だちを合わせること禁止、公共交通機関は絶対に使わないといい、奥さんの手作りのマスクをして外出するような人なのに、今日は夜、友だちと飲みに出かけたらしい(お店はやっていないので、ビールをどこかで買って道端で飲むのだと思われる)。 友人同士のチャットでも、な…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス36

今日もとってもいい天気。 15時過ぎて、ようやく仕事がひと段落した夫が散歩に行こうと声をかけてきた。 そこで、みんなで近所のアイスやへ。 道に出て、ちょっとびっくり。かなりの人出なのだ。 普通の通りに行きかう人たちがたくさんいる。みんながどこに向かっているのかはわからない。 けれど、たいして店が開いているわけでもないのにこの人…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス35

春だ。 空が真っ青で、空気も暖かい。テントウムシも、タンポポも、フォイアーヴァンツェ(カメムシの一緒だと思われる。赤と黒のまだらの柄の小さい虫)も、見られるようになった。 それに伴って、アイスやさんが次々とオープンし始めた。待ってましたー!!! でも、当然のことながら、並ぶときは一定の間隔を保って。店内に入れるのは、2組まで。営業…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス34

今日はいい天気の日曜日。 ちょっと遠出をして、湖沿いの森を散歩した。 みんな考えることは一緒のようで、、、というか、それ以外にすることがないんだろうな。 サイクリングやら散歩やらで、たくさん人が湖に来ていた。 子どもを自転車道でキックボードさせながら歩くと、いろんな人が通りすがりに声をかけてくれる。 「いいの持っているね~、私…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス33

小学3年生の子を持つママ友と話をした。 いま、学校はコロナのせいで休学だが、その分の勉強を家でやっておくように、とのことらしく、毎日、家で学校と同じスケジュールで勉強をしているという。学校に行く時間に起きて、月曜の1時間目は国語、2時間目は英語、というふうに。 しかし、これ、家庭内でかなり力の入れ方に差がでるだろうなぁ。その結果、学…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス32

日に日に息苦しさが増すようだ。 ベルリンでは、外出・接触制限の違反者に罰金を科すとにしたという。 お店の営業違反や、公園で集まって座っていたり、人との間隔をきちんとあけていない場合には、25から1万ユーロまでの罰金を科すことが可能となる。 うーん、まあ、手っ取り早く効果があがるかな、確かに。ここのところ、天気がよく、日中はたくさん…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス31

昨日は夫が有休をとったため、昼間に大きなスーパーに買い物に行った。 毎日、子どもとどうやって過ごそうか、と頭を悩ませている中で、普段はスーパーに連れていくというのも案としてなしなのだが(いろいろ触りまくる・なめまくる)、そろそろ万策尽きたというかんじ。それに、買いだめはダメ、と思いながらも、毎日スーパーに行くのはおっくうにもなってきた…
コメント:0

続きを読むread more

ぐっと その3

コロナ騒ぎにかまけているうちに、子どもがまたぐっと成長したなと思う。 まずは、年相応にやんちゃになった。ちょっと怒られたくらいではめげない、泣かない。で、反抗してくるようになった。「ぶー」っと口を尖らせたり、「ふん!」と納得のいかない声を出したり。 親だから、大人だから、という力任せは効かなくなってきた。今後は、怒り方に注意をしなけ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス30

日本人にとって朗報かもしれない。 日本にいる友人医師からの話。 日本は絶対に感染者がうようよいるはずなのに、重症者が欧米に比べて圧倒的に少ないのだそう。 今回のコロナウイルスは、医療技術の高さは確かに大事だが、設備さえ整っていて、それを動かせる人さえいれば治療自体は難しいものではない気がする。もちろん、逆にそれが怖いのだが。 だ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス29

今日の日本のニュース。 「ヨーロッパでは多くの国が都市を封鎖し厳しい外出制限措置をとっているが、その影響で家庭内暴力の増加が深刻な問題となっている。長い時間、自宅にこもらなければならないストレスが一因とみられ、各国は専用の電話相談窓口を増設するなどして対応にあたっている。」 ベルリン政府もすでに少し前にこれについては憂慮している…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス28

これまで書いてきた、厳しい基準を他人に押し付けてくる人たちというのは全部日本人のお話。 外国生活が長くても、大人になってから外国に来た人というのは、子どものころの日本のしつけが身についている。だから、日本の、特に小学校で口をすっぱくしていわれてきた「相手の気持ち・立場になって考えること」がやめられない。この「相手の気持ち・立場になって…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス27

日本でも、特に都内の感染者数が増え、外出自粛になっているとか。それに伴って、買いだめも進んでいるみたい。 少し前のドイツを見るようだ。 中国の次は日本と世界が注目していた間に、ヨーロッパに火が付き、一気に感染者数・死者数を伸ばし始め、日本はなぜ感染者が抑えられているのだろう(大した水際対策もしていないのに)、島国だからか?マスクをみ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス26

ベルリンの法務省によれば、コロナ危機に際して、家で長い間家族と過ごさなければならないことから、家庭内トラブルや暴力が増えるだろうとのこと。 確かに、学校に行っていたり、友だちのところに遊びにいったり、一人で散歩など外出することで、虐待から一時的に逃れることがでできていた子どももいるのだろう。そういう子は、今、逃げ場がなくなって、どうし…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス25

ベルリンで3人目の死者が出た。42歳の男性だという。もともと持病持ちであったのかどうかはわからない。けれど、若い人の死亡のニュースはやはりテンションが下がる。夫も、たばこをすうことや幼いころに喘息持ちだったこともあって、他人事ではない、という意気持ちになったらしい。だったらせめて禁煙すれば、と思うがそれはそう簡単にはいかないらしい。ふむ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス24

私の夫は東ドイツ出身だ。 東西ドイツが統一する前の、窮屈な東ドイツで、子ども時代を過ごした経験がある。 そのためか、自由を制約されることに対して、ものすごい嫌悪感を示す。 今回の場合は、コロナによる外出禁止。まだそれはベルリンでは出されていないが、ベルリンでその必要性が議論されるずいぶん前から、外出禁止は危険だ、と言っていた。 …
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス23

今日の新しい、全国統一のガイドラインだそう。 1 同居家族等以外の他人との接触は絶対に必要な最低限とすること。 2 公共空間において,他人との距離を必ず最低1.5メートル,可能であれば2メートル以上とること。 3 公共空間における滞在は,単身か,または家族以外の1名,または家族の同伴に限り認められる。 4 職場への通勤…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス22

コロナ騒ぎでやっかいなのがやっぱり人間関係だ。この状況に対しての認識と価値観の違いがどうしたって生まれる。 例えば、「なるべく人との接触をさけること」と言われて、じゃあ、人と会うのは絶対にやめよう、と思う人と、なるべくでしょ、って思う人がいる。また、その「なるべく」の度合いも人によって異なる。 今日は夫が子どもを連れて出かけてく…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス21

スカイプ生活が始まった。 せっかく天気がいいのに、友だちには会えない。 保育園が閉まってから1週間。とうとう家族以外の人とは1.5mの間隔を保って会うように、ということに。 ママ友とは、それでも、まだ外出禁止じゃないのだから、一緒に散歩しようね、とスカイプで話をした。 ダメといわれていることをするつもりはない。けれど、ぎりぎりま…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス20

ベルリンは以下の新しい追加措置を発表した。 まだ外出禁止令ではないけれど、実質そんなかんじ、、、。 他人と1.5m離れるってことは誰とも会えないってことよね、、、。はぁ~。 1 イベント・集会の禁止  主催者の公私を問わず,今後,10名以上の参加者を伴うイベント,集会の開催を禁止する。  ただし,議会・裁判所等の公的機関に…
コメント:0

続きを読むread more