ドイツの子育て4

★児童館
ドイツにも、日本同様、児童館がある。Familienzentrum、直訳すると「家族センター」である。私の今の家からだと、徒歩圏内には少なくとも3か所ある。何歳からでも連れていくことができるが、設備によって、7-8歳まで(楽しめるという意味で)利用可能だろうと思う。庭が広くていろんな種類の遊具がある場合には小学生低学年でも遊べると思うし、季節の行事に合わせて年齢別のワークショップなんかもやっていることがある。イースターには卵のペインティング、とかランタン祭りには提灯作り、とか。
それ以外はやはり、外遊びがまだ難しいBabyが主な対象だ。Babyマッサージとかママヨガ、子どもと一緒にやる体操教室、ダンス、歌など、複数回にわたって行われる有料の講座もあれば、予約なしでさっと立ち寄って朝ごはんが食べられたりもする。決まった曜日・時間に育児相談をやっていたり、決まったグループ(双子の親、パパ・おじいちゃん、決まった出身の人たち―ロシア出身・トルコ出身など)を対象にした集まりがあったりもする。要するに育児をするうえで孤立しないよう、近所のネットワークをつなげる役割も果たす
古着が置いてあって、ご自由に、だったり、持っていくなら交換で別のものを置いていくこと、となっていたり。ドイツではその辺の道端にもよく、「ご自由に」と書かれた段ボールがおいてあり、子ども服だの、おもちゃだの、本、CD、雑貨―きっと引っ越しで不要になったもの―など、勝手にもらっていくことができる。家具や電化製品が置いてあることもある。私は本棚と整理ダンスを見つけてもらってきたことがある。法的に正しいことなのかどうかわからないが、いいシステムだと思う。使えるものを捨てるのは忍びないし、捨てるにしても大きいものは手間とお金がかかる場合がある。それらを一気に省くことができる。ただ、洋服に関しては、道端のものは私はちょっと抵抗がある。その点、児童館に置かれているものなら、抵抗なく手に取れる。
どこの児童館にもたいてい簡単なカフェがついていて、子どもの離乳食(瓶入り)や飲み物はもちろん、大人用にコーヒーもあったりして安価に買える。そこでママ友と知り合うこともある。日本人同士なんかが偶然一緒になれば、友達になれること間違いなし。日本の児童館はどういうシステムなんだろうか。こういう機関をみんながもっと利用すれば、育児で孤立することが減るだろうな、と思うが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント