『薔薇の名前』

原題:Le Nom de la Rose/Der Name der Rose
原作:ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」
1986年/フランス・イタリア・西ドイツ/126分/主演:ショーン・コネリー


1327年、宗教裁判の・・・北イタリアのベネディクト修道院にフランチェスコ派の修道士ウィリアムと弟子アドソが会議の出席のためにやってきた。しかし、そこでは連続殺人事件が・・・。そしてその事件の解明に乗り出したウィリアムは・・・。

画像



ウンベルト・エーコのベストセラー小説の映画化です。実は本を読もうと買ったものの、なかなかまとまった時間がとれず、取り掛かれないでいます。そこで、まずはDVDで予習だ!と思ったわけです。
映画自体はセットや小物に至るまで、当時の雰囲気そのままというかんじでしたし、ショーン・コネリーもよかったです。ただ、やはり時代背景に関する事前の勉強は必要だなという気がしました。また、当然ですが、映画の中では描ききれなかったんだろうな、と思いました。なんとかうまくまとめたのでしょうけど、やはり本ありきって気がしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック