テーマ:失業保険

ドイツの失業保険7 こぼればなし4

さて、2週間の給付返還に対する抗議の後、またしてもハローワークから手紙がきた。 どうやら、私と担当者の両方の顔を立てる解決策を考えたらしい。つまり、担当者の主張する2週間の給付返還はそのままに、私の失業保険受給期間を2週間延ばす、というものだった。2週間の給付は返還するが、それは給付期間を2週間延ばすことで、プラスマイナスゼロにしよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ失業保険7 こぼればなし2

ううむ、、、。 週末に夫とケンカまでしつつ、抗議文を作成し、口頭での抗議の仕方を練習して、月曜の朝からハローワークへ。 受付で事情を話したところ、パタパタとPCをいじっておそらく私のページを見たあと、「あら、これは手違いよ。給付は引き続きなされているから大丈夫。」と言われてしまった。「え????」 狐につままれる、とはこのこと。と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ失業保険7 こぼればなし

私のいっているハローワークの評価、を夫がネットで見つけた。 2件の書き込みのうち1件には、「ここはゲシュタポ(ナチ時代の秘密警察)の勾留所のようだ」と書いている人がいた。 私も、ハローワークから帰宅早々、夫に、あいつ(私の担当者)はナチだ、といったのだが、やはり同じような思いをしている人がいるのだろう。 ちなみに言っておくと、私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ失業保険7

こんなに腹が立つことはない。 年末にまたしてもハローワークに呼び出されていってきた。これまでの流れで、とにかくきちんとした仕事につながる道筋を示すとことが大事なのかなと思ったため、これまでの方針に沿って1社に履歴書を送ったほか、同じ時期にたまたま同じ業種・職種で、将来の仕事につながりそうな、少なくとも私の履歴書・職歴書に追加してかける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ失業保険6

5たび、労働雇用エージェンシーに呼び出された。今度は新しい支局のようなところで、私にとっては家から近くなり、自転車でいけるようになったから楽なのだが、どうしてまた違う建物に呼び出されたのか、よくわからないままだった。 とにかく、担当者が変わったということなので(とはいえ、これまでも一定の担当者だったわけじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ失業保険5

失業保険を受給していてショックなこと、それは、長期の外出、つまり国内国外にかかわらず旅行が禁止であること、だ。禁止というのは言い過ぎかもしれないが、基本的な考え方として、失業中に休暇はない、ということだ。とにかく就職活動を最優先させるべし、もしも面接などが入った時に旅行でいけません、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ失業保険4

そういえば、話は遡りますが、普通に会社を自己都合で退職した場合、すぐに失業保険を受け取れるわけではなく、通常、3か月の失業保険給付制限があります。しかし、これには例外もあります。 例えば、私の場合は、育児休暇中に夫と子どもと一緒に暮らすために生活の拠点をかえました。つまり、ミュンヘンからベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ失業保険3

コーチング後も1か月に一度は連邦雇用エージェンシーに呼び出される。 また担当者が変更され、今度は建物も変わった。まずは全体説明を受けた。要するに、同じ組織なのだが、もっと個人的な話をし、こと細やかに相談に乗ってくれ、支援してくれるのだそうだ。確かに中央の役人は、窓口という役割のみで、大して役に立たなそうだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ失業保険2

私の8日間のコーチングの内訳は、 ①導入・全体説明:1日 ②新たな視野を持つ:4日 ③仕事の探し方:2日 ④履歴書の書き方:1日  だった。 ①は、20名くらいに対して全体説明があったあと、個人的に面談をし、うけるコースの確認をする。この全体説明は全員がうけるが、その他のコースは全部で10種類あり、誰がどこをうけるかはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ失業保険1

私は今、失業保険受給中である。 3年勤め、3年育児休暇(うち1年は有給)を取ったのちに退職→失業保険受給という流れだ。 日本でも同様みたいだけれど、ドイツでの失業保険受給者に対するプレッシャーはすごい。 まず、毎月、連邦雇用エージェンシーに呼び出される。初回は状況確認というかんじで簡単に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more