テーマ:言語習得

ドイツの子育て46(外来語)

うちの子はドイツ語と日本語がいまのところ半々くらいでできる。 3人で一緒にいるときに、パパがドイツ語で話した内容をすぐ隣にいる私に日本語に訳して伝えたり、その逆も上手にできる。パパは日本語がちょっとしかできない、ということがわかっているから納得なのだが、ママはドイツ語が分かることを知っているのに同時通訳してくれる。いい訓練だなと思うか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ

最近気が付いたこと。 うちの子が、おそらく知らない言葉やあまり聞いたことのない言葉が夫や私の口から出ると、それをぼそっと小声で繰り返していることに気が付いた。一度は、夫が子どもに向けた質問の文章をまるまる小声で繰り返してから、返事をしていた。 それ以降、子どもの小声を聞き逃さないように気を付けているが、ちょこちょこあるようだ。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひらがな読み学習7

うちの子、気が付けばひらがなはたいてい読めるようになった。 濁点がついているものも、丸がついているものも、小さい「や・ゆ・よ」も結構、いける。 そうすると、絵本がそこそこ読めるようになる。 そうなって気が付くのは、絵本て、かわいい文字?を意識しているのか、「さ」や「き」が(←まさにこれがそうだけど)つながっているフォントが使われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぐっと その3

コロナ騒ぎにかまけているうちに、子どもがまたぐっと成長したなと思う。 まずは、年相応にやんちゃになった。ちょっと怒られたくらいではめげない、泣かない。で、反抗してくるようになった。「ぶー」っと口を尖らせたり、「ふん!」と納得のいかない声を出したり。 親だから、大人だから、という力任せは効かなくなってきた。今後は、怒り方に注意をしなけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひらがな読み学習6

ひらがな読み学習を昨年11月から今年2月にわたって、平均週1回、結構まじめにやってきた。ただ、3月にはいってからは、新型コロナの騒ぎもあって、なんとなくやっていなかった。 そもそも、うちの子の友だちが日本に帰国するから、急いでひらがなが読めるようにならないと、といってはじめたことで、うちの子はついでに、というかんじだった。それに、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひらがな読み学習6

ひらがな読み学習、しばらくしていない。 うちの子は結局、何個学んだろうか。 約30個だ。 そのうち、定着したと思われるものは半分くらいだろうか。 本来なら、日常的に思い出し作業をしたほうがいいのだが、4月から日本語補習校で本格的に読み学習が始まるし、今回やったことはいわば先取りだから、あまりムキにならなくていいか、と思い、何もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語とドイツ語のミックス

最近、子どもが急に日本語にドイツ語を混ぜ始めた。 跡えば、「ママ、アン(an)して」(「電気をつけて」の意味)、「ApfelのKernをrausして」(「リンゴの種を取り出して」の意味)などである。私はそのあとに、「ああ、電気をつけるのね」とか「リンゴの種を出すのね」などと日本語で言いなおすようにしているが、はて、どうしたものか。これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひらがな読み学習5

継続は力なり、は幼児にも当てはまるようだ。^^ 11月から年末までの2か月間、計7回、ひらがな読み学習をやった。扱ったひらがなは15個。 やり方は基本的に変えずにやっているから、子どもも流れがわかったらしく、あとこれをやればおしまい、と思いながら頑張っているのがわかる。また、ひらがなの数が増えていくと、覚えるのが難しくなるかと思いき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひらがな読み学習4

ひらがな読み練習を始めて1か月半。その間に、あれ、この子、このひらがなもう知っていたっけ?という時が何度かあった。はて?教えたことがあったっけ?と思うのだが、思い当たるのは、くもんの「ひらがなつみき」だ。 そういえば、これを買ってきたとき、ひらがなだけは読めるパパがとても喜んで、時々、子どもに教えていたのだ。その時、子どもは2歳とかそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日独の使い分け

うちの子は今のところ日本語とドイツが半々くらいでできる(ただし、二言語とも全体のレベルは高くない。)。 簡単な文章だと、パパにドイツ語で言ったことと同じことを、私に日本語で言ってくれたり、同時通訳的なかんじでうまく切り替えている。 そんな中、最近、あれ?と思ったのは、日本語とドイツ語の話す内容とかテンションの違いだ。簡単に言うと、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひらがな読み学習2

「つ」「し」「く」「こ」「い」「り」の次は、「て」「と」「の」を学習した。比較的はいりやすかったようだ。ならば、次は「ひ」「も」「ち」「う」あたりかな。 一つ一つのひらがなが読めるようになると、次に問題になってくるのは、単語レベルでの理解だ。これは新しいひらがなを学ぶのと平行してやっていく。 今まで学習したひらがなを組み合わせて、例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て34(言い間違い)

子どもの言い間違えは面白いしかわいい。 うちの子の言い間違えは: 「じゃまいご」(じゃがいも) 「クロカッサン」(クロワッサン) 「こいぼろり」(こいのぼり) あと、言い間違えとは少し違うが、「まだ」」と「もう」、「見て」と「見せて」をよく逆に使う。 私に何かを見てもらいたいとき、「ママ、見せて」といいながら、私をどこか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て32(同時通訳)

在独7年目の私は、ほんとう~~~~に時々、ドイツ語が日本語に聞こえることがある。うちは通りに面した家なので、道行く人の大きな声の話声が聞こえたりすることがあるが、そのドイツ語を聞いて「あれ?なんでここで日本語が聞こえるんだろう」と一瞬、思うことがある。または、自分が道を歩いていて、すれ違いざまに耳に入ったドイツ語を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬時間開始

今日から冬時間。 1時間、朝が遅くなる。これがなかなか慣れない。冬はそれでも楽なほうだ。夜寝るのを1時間遅らせて、朝、通常通りに起きればいつもの時間、というわけだ。夏時間になる場合、1時間短くなるから、いつもの時間に起きたのでは保育園に遅刻してしまう。けれど、1時間早く寝かせるというのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て21

★アンパンマン・ノンタン・ぐりとぐら・こぐま社・かこさとし アンパンマンはすごい。在外の日本人の子も、アンパンマンは必ず知っている。 うちの子もアンパンマンカレーが大好きだし、アンパンマンふりかけも喜ぶ。子どもならみんな喜ぶ、はずれがない、という意味でプレゼントにもいいのだろう、もらう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て20

★バイリンガル教育 両親の母語が異なると、子どもはもちろんどちらの言語も学ぶことになる。 うちの子の場合はドイツ語と日本語の2言語だ。これが、同じ日独のカップルであっても、夫婦によって事情が変わる。例えば、夫婦間での会話は英語、というケースも珍しくないからだ。その場合には、子どもがバイリンガルになるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more