ドイツの子育て40(生活科)

子どもが最近、とても植物に興味を持っている。
公園や道端で花をみつけると、「おうちに持っていく?」と言って、いくつか花を摘む。以前はそこまでで、持って帰って花はたいていその辺におきっぱなしで忘れてしまうというのが常であった。
最近は持って帰ると、「土と水!」と言い、「植える」という作業をしたがる。そして、数分後には、「咲いた?」「(芽が)出た?」といって観察するようになった。
なるほど。では、「小学校1年生の朝顔の観察」もどきをやってみようではないか(笑)。
観察日記というほどのことはまだ4歳児にはできないだろうけど、絵日記のようなものはなんとかできるかもしれない。種の観察(色、形、大きさなど)だけでも、できたらいいな。生活科@自宅だ!よし、明日は種を買いにいくぞー!

"ドイツの子育て40(生活科)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント