ドイツの子育て39(偶然の出会い)

今日はとってもいい天気だった。まさに公園日和!そこで、子どもと一緒に公園に行った。
家から一番近い公園はベルリン市内でも人気の公園で、たいていにぎわっている。今回は友だち2人も一緒だったし、あまり混雑した公園には行きたくなかったから、普段はあまり行かない公園に行ってみた。
すると、、、保育園の友だちが偶然来ていた。ママに聞くと、友人に誘われて初めて来たらしかった。
この素敵な偶然に子どもたちは大興奮!うちの子も、普段は特に名前を口にしない友だちだったが、こうして馴染みの友だちに会えたことはすごくうれしかったらしく、公園に一緒に来た友だち2人をそっちのけに、保育園の友だちと遊びだした。
うちの子は年齢よりもちょっと幼いところがあるから、同級生で半年くらい年上の友だちよりも、半年年下の保育園の友だちのほうが遊び方が近いみたいだった。二人できゃっきゃと、抱きつきながら遊んでいるのを見ると、あー、距離が近い近いー、と思いながらも止める気にはならなかった。思い切り、楽しい気持ちを表せばいい。
その子のママとは、また来週プライベートで遊ぼうと約束をして別れた。このママは台湾出身なのだが、とても感じのいい、素敵な人だ。また遊ぶ友だちが一人増えた。思いがけない偶然に感謝!

"ドイツの子育て39(偶然の出会い)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント