ドイツでの出産2

出産にかかった時間は7-8時間。いきみはじめてからもそんなに時間がかかったとは思わなかったが、子どもは疲れてしまっていたらしい。出産時、産声を上げなかった。助産婦さんたちもそれに気づくと、さっと赤ん坊を奥の処置室に連れて行ってしまった。でも、その数分後には遠くから元気な泣き声が聞こえた。深刻な不安に駆られる前の、あっという間の出来事だったからよかったけれど、ドキッとした瞬間だった。
赤ん坊はきれいにされるとすぐに私のおっぱいをくわえさせられた。おっぱいから何かが出ているようには思えなかったが、助産婦さん曰く、出産後すぐに出てくる数敵の汁(?)が非常に栄養があって重要なのだそう。

出産後は赤ん坊とともに一般の病室へ。2人部屋だったけど、先客はおらず、実質的に個室だった。ラッキー。うれしさでほっぺたが赤く膨らんだ母が夫に連れられてやってきた。出産から4-5時間後のことだったが、その頃にはベッドから降りてトイレに行くこともできた。無痛は疲れない分、回復が早いのだと感じた。2日目にはシャワーをあびることができたし、食事を自分で取りに行ったりもできた
ドイツは退院が早い。通常、2日で退院ができる。私も自分の体の回復は問題なかったから、早く家に帰りたい、と思っていた。ところが、産後2日目の赤ん坊の体重の減りが多い、ということで、もう一日、ミルクを追加して様子を見ることに。初産だから仕方がないが、おっぱいの出が悪いようだった。実際、夜に授乳をすべくおっぱいをくわえさせても、すぐに離してしまい、飲んでくれてなかった
3日目には、引き続きミルクを追加で飲ませるよう指示を受けて、無事に退院。アジアの血がはいっているからか、黄疸についても指摘されたが、それは様子見ということに

なぜ、こんなに退院が早いのか。それは、ヘバメ(Hebamme)、いわゆるホーム・助産婦(?)というシステムによる。助産婦といっても、出産の手助けをしてくれるわけではない。むろん、その資格を持っているヘバメさんもいるとは思うが、一般的には、産後のお手伝い、具合的には、赤ん坊の成長具合やママの体調をチェックし、育児相談やアドバイス、がメインのお仕事だ。
私は実は、事前にヘバメさんを頼んでいなかった。日本から実母が来てくれることになっているし、それで十分、と思っていたからだ。ところが、母にとってもドイツでの育児の常識がわからず、とまどうことが多かった様子。例えば、日本では新生児はゆったりした洋服を着るが、ドイツの病院で着せてもらっていた服はかなりぴったりしたものだった。母はすぐにそのことに気づき、なるほど、ぴったりした服のほうが赤ん坊が安心するんだろう、と思ったらしい。また、日本では新生児をすぐにお風呂にいれるが、ドイツではできればへその緒がとれてから、という。そんなことが重なり、母もやはりヘバメを頼んだほうが、、、という意見になった。赤ん坊のおへそがぐじゅぐじゅしてしまって、急遽、出産した病院に連れて行く、なんてこともおきたが、ヘバメさんがいればそういう対応もしてもらえたはずだった。
通常は妊婦中に探してもなかなかスケジュールがあいている人を見つけるのは難しいのだが、私たちはluckyなことに、すぐに来てもらえる人が見つかった。5日おきくらいで、全10回、通ってくれた。毎回、赤ん坊の体重をはかり、私の血圧をはかり、育児相談にのってくれた。下の会陰切開の回復についても、不安なら見るわよ、とまで言ってくれて、おお、そこまでやってくれるのか、と驚いた。また、時間外の時にも、おっぱいが固く、みるみるうちに張ってしまったときに電話をかけたら、的確なアドヴァイスをしてくれた。
ヘバメさんによっては、産後の矯正ストレッチやらヨガのようなものをやってくれるらしく、そういうリクエストがある妊婦さんはもっと早くに自分のリクエストにあったヘバメさんを探すようだ。なるほど

さて、ドイツでの出産。日本で子どもを産んだ経験はないから、実感としての比較は無理だけれど、ひとつだけ言えることは:費用。婦人科の受診・診察、産科での出産・入院、およびヘバメの費用が、基本的に保険でまかなわれる。私が自分でお金を払ったものは、追加で撮ってもらったエコー写真1枚のみ。保険でまかなわれるエコーの回数が決まっているため、それを超える場合には持ち出し、ということだ。私がとってもらったときは、特に胎児も私も問題はなく、エコーを見る必要はないのだけど、欲しければとるわよ、と言ってくれたので、せっかくだからお願いします、となっただけで、エコーの回数が少なくて不満、ということではなかった。
もちろん、その分、お給料から引かれているものは多いのだろう、と思う。それでも、毎月、自分の知らないところで引かれる分には慣れてしまって気にならないもの。それに対して、お財布からお金が消えていく不快感は慣れるものではない。どうせひかれているなら産んだほうがいいか、なんて思えるのも、ドイツで子どもが増えている理由かもしれない。
いずれにせよ、子どもが欲しい、と思ったときに、お金の心配をしなくてよい、というのはすごいことだ。日本がドイツにならうべきところではないだろうか。

"ドイツでの出産2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント