コロナウイルス228

ベルリン人口約375万
12月10日 19時56分 感染者76.210人(1656人増)
病院で隔離・治療中1322人(うち集中治療346人)
死亡者768人(19人増)
回復した人55.660人
ミッテで186人、シュテーグリッツ・ツェーレンドルフで161人、テンペルホーフ・シェーネベルクで158人、シャルロッテンブルク・ヴィルマースドルフで155人、パンコーで152人、リヒテンベルクで145人増。
1週間の10万人あたりの感染者数は201で赤信号。
集中治療用ベッドの稼働率は27.6%で赤信号。

うーん、どうして減らないのだろう。
感染ルートがすでにたどれないことは承知の上だが、一体、どこで、どうして感染者が増えていっているのか、そういう検証は無理なのかしら。風邪をもらうのとおなじこと、だと考えれば確かに、普通に気を付けて生活していても感染してしまうのだろう。だとすると、冬でウイルスが活発になる時期だから、だけが理由なのだろうか。
12月で買い物客が多いことが指摘されているが、私が見ている限り、店の入場人数制限はしっかり守られているし、マスク着用義務だってお店のなかではみな守っている。消毒液もおいてあって、使っている人も見る。ごった返す、という光景がそうあるとは思えない。公共交通機関だって、普段に比べたら利用者も少ないはずだし、そもそもドイツでは日本のようなラッシュや満員電車はない。
それに、私たちもこういう状況の中で、週末に時間をつぶすなら、ショッピングモールじゃなくて徒歩や車で公園や湖や森に行くようにしている。すると、そこには結構な人出がある。みんな考えることは一緒なのだ。外だと、みんな散歩するなどしてたえず移動しているから、一か所に人が集まりすぎるということもない。
こんなかんじで気を付けて生活しているのに、なぜ、どこで、どうやって感染者が増えていくのだろう、、、、というのが、政府や州の言うことを素直に守って気を付けて生活している多くの一般市民の意見ではないだろうか。
クリスマスを前にして、政府や州が鼻息を荒くして、規制強化!と言っているが、ちゃんと感染者が増えていることの理由を、少なくとも検証していることを示したうえで、どんな規制がさらに必要なのか、やみくもにお店を閉める、学校開始を遅らせる、じゃなくて、もっと具体的な対策を講じる姿勢を見せてくれなくちゃ、そろそろ善良な市民からも不満の声があがる気がする。それはまた、有権者の右傾化をうむから、よくないだろうに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント