ドイツの子育て100(絵本3選)

少し前から、うちの子が絵本に興味を持つようになった。
これまで私は、うちの子はそれほど絵本に興味がないのだ、と決めつけていた。けれど、絵本への興味がいつでるか、は人それぞれなのかもしれない。うちの子は、自分がひらがなを読めるようになってから興味がわいたようだ。例えば、同級生で、絵本が大好きだけれど、文字にはまったく興味がないという子もいる。うちの子は、文字への興味と同時に、絵本の世界に入り込めるようになったようだ。

最近の流行りは、
「なつみはなんにでもなれる」
「にんじんばたけのパピプペポ」
「しりとりたいかい かいさいします」
の3つ。

何度か読んだだけで、お気に入りのフレーズをしっかり覚え、一人で絵本をめくりながら読んで(?)いる。
「なつみは・・・」では、なつみのものまねのまねを自分でして、けらけら笑っている。
「にんじんばたけの・・・」では、パ行とバ行をしっかりと覚えた。
「しりとりたいかい・・・」」では「アスパラガス」や「かんぱち」など、これまで縁のなかった言葉を覚えることができた。

私もうちの子がはまりそうなものを間違いなく選べたと大満足。
それにしても、かこさとしは本当にすごいなぁ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント