ドイツの子育て89(待て)

つい最近のこと。保育園に子どもを迎えにいった帰りに、知り合いにあい、ちょっと立ち話になった。子どものことが気になりつつも、つい会話がはずんでしまった。
10分か15分か、子どもは私の足元で、じっと待っていてくれた。さすがに最後はだらだら、ふにゃふにゃしてしまっていたが、一度もママの会話を邪魔することなく待つことができた。

さらに、今日はママ友とその子(Yちゃん)が遊びにきてくれたが、Yちゃんとは年齢差があってあまり遊べなかったものの、ママたちの会話を邪魔することなく、一人でうまく遊んでくれていた。今までだったら、ママの注目が自分以外のところにいくと、注目を取り戻そうと、「ママ~ママ~」とうるさくつきまとってきていたものだ。それが、まったく文句を言わず、だ。
大人になったなぁ。すごい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント