お盆

アニメを見た。
死者と出会えるというお祭りがあるアニメ。
主人公二人はそれぞれ、病気で亡くなってしまった中学の同級生と、事故で自分をかばって亡くなったお姉ちゃんと再会していた。
その他の人々は、祖父だったり、妻だったり、子どもだったり。
一瞬の映像だったけれど、自分の子どもに再開する親をみて、これは絶対にダメだと思った。子は親よりも先にいってはいけない。
最近は日本では、芸能人の自殺が立て続けにあり、コロナの影響もあって自殺者が増えているという。
だけど、親のことを考えたら絶対にやめてほしい。親になって思うこと。子どもの死は原因がなんであれ、絶対に受け入れられない。私もどんなしんどいことがあってもいいけど、自分の子が自分よりも先に死ぬことだけは考えられない。乗り越えられる気がしない。

でも、もしも死者に会えるというなら、会いたい人が二人いる。父親と、若くして自ら命を絶った友人だ。
父には彼の名をとった孫がいることを伝えたい。どんなにかわいいいい子かを伝えて、これからも見守ってほしいと伝えたい。
友人には、最後の私とのケンタッキーでの久しぶりの再会のとき、本当は何を思っていたのかを聞きたい。その5日後に飛び降りた彼女はそのときいったい何を考えていたのだろうか。そして、今少なくともその時の苦しみから解放されたのかどうか聞きたい。原因を無理に聞き出そうとはもう思わない。彼女が楽になったのならそれでいいと思う。そんな会話ができたらいいのに。

でも、そういうことの儀式として、日本にはお盆があるのよね。
本当にそのときに戻ってきてくれているのなら、夢の中でいいから会いたいなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント