コロナウイルス179

ベルリン人口約375万
10月15日 16時17分 感染者20.087人(551人増!!!!!!)
病院で隔離・治療中239人(うち集中治療59人)
死亡者238人(うち3人が40-49歳、13人が50-59歳、24人が60-69歳、62人が70-79歳、84人が80-89歳、40人が90歳以上。平均81歳。)
回復した人15.391人
1週間の10万人あたりの感染者数78,3で赤信号。
ミッテで110人、ノイケルンで98人、テンペルホーフ・シェーネベルクで95人、フリードリッヒスハイン・クロイツベルクで71人増。

ベルリンのノイケルンは過去7日間の感染者が571人=10万人あたり173.1人でドイツ最大のホットスポットに、、、。

政府と州がコロナ規制の強化で合意
1.マスク着用義務と飲食店
・マスク着用:感染者数が増えている都市では、マスク着用の義務を拡大させるべし。遅くとも1週間の10万人あたりの感染者数が35人を超えた場合には、比較的多くの人たちが長い時間いつづけるような公共の場でマスク着用が義務付けられる。
・法定閉店時刻:1週間の10万人あたりの感染者数が50を超えた場合、23時に飲食店は閉店することとする。アルコールの販売も原則禁止で、バーやクラブは閉店すべし。1週間の10万人あたりの感染者数が35人以上(50人以下)の場合には義務ではなく推奨とする。
2.接触制限
・プライべートのお祝い事:1週間の10万人あたりの感染者数が35人以上の地域ではプライベートな空間での参加者は15人に制限すべし。1週間の10万人あたりの感染者数が50人以上の場合には、最大でも2世帯から最高10人までの参加者に制限すべし。
・公共の場:1週間の10万人あたりの感染者数が35人以上の場合25人まで、1週間の10万人あたりの感染者数が50人以上の場合10人までとする。この規定によっても感染拡大が収まらない場合、5人ないしは2世帯までとなる。
3.国内外の旅行
・リスク地域からの帰国者:外国のリスク地域からの帰国者に対する新しい隔離規定が11月8日から有効となる。外国のリスク地域における特別な理由のない旅行からの帰国者は、10日間の隔離とする。ただし隔離5日目にコロナテストで陰性となればそこで終了となる。
・宿泊禁止:多くの州かすでに水曜日に、国内のホットスポットからの旅行者について、48時間以内のコロナテストの陰性結果を提示できた場合にのみ宿泊可能とした。これについては議論の分かれるところであり、11月8日に持ち越された。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント