コロナ感染の危機?!その2

同じマンション内の上の階の若いママ。
少し前に具合が悪いからと子どもをあずけに来たが、その数日後、コロナ検査を受けたという。
ちらっとみた感じでは、コロナを疑う症状はなかったように思うが、子どもを預かっていた身としては、そのママが検査を受けたというのはドキっとする出来事だ。とうとう、自分の身に迫ってきた、というかんじがした。
ああ、もしも彼女が陽性だったら、私たちも検査をうけさせられるんだろうなぁ、そうなると、子どもの通う保育園にも言わなくちゃいけなくなるし、すごい人数の人たちに迷惑をかけることになるなぁ、と思ってちょっと気持ちが沈んだ。

もやもやっとした3日間を過ごしたが、今日、検査結果が出て、陰性だっだと聞いた。
よかった~~~~~。昨日も郵便受けのところで、そのママと子と思われるきゃっきゃっとした声を聞いて、陽性の可能性は低そうだなと思っていはいたが、ちゃんと結果を聞くとやはり安心する。まずは回避!

まあ、このレベルのことは例えば、子どもが通う保育園の関係者にもおこっているんだろうな。そう考えると、本当に貧乏くじをひくのは誰だ?!ってかんじ。ロシアンルーレットか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント