ドイツの子育て83(お風呂)

ベルリンはすっかり秋。
本当に秋は突然やってくる。
30度超えの日が続いていて、急に10度下がったと思ったら、もうそのまま。
衣替えも、なんだか頭がついていかない。
でも、外で一日中遊ぶ子どもの服装については、頭がついてこない、とは言っていられない。
サンダルはやめて靴下にスニーカー。上着は天気を見て、Tシャツか長袖Tシャツ。それに薄手のジャケットを着せるか持たせる。下はズボンがメインだが、少し長めのもの。でも、完全な長ズボンだとまだトイレにいったときの脱ぎ着が大変だろうから、膝下くらいのものをはかせる。
やっぱり夏にトイトレしておいてよかったー。冬はもっと脱ぎ着が大変になるから、徐々に慣れていってもらわないと。

で、こんな風に涼しくなってくると一気にお風呂にはいる回数が減る。
夏はとにかく汗やら砂やら水やらでどろどろになっているから、お風呂にはいってからじゃないと家にあげられない。でも、秋はそれほど汗をかくこともないし、こっちは乾燥しているから、砂汚れくらいだったら、ぱっぱとはらえばいいか、となる。それに、露出している部分も少なくなるし。要するに着替えさせちゃえば、まあ、大丈夫、ということになってしまう。
そんなこんなで気が付いたら、5日くらいお風呂に入れていない、なんてことも、、、。日本だったら考えられないだろうな。私だって日本でお風呂に入らない日なんてなかった。でも、こっちでは大人でも毎日シャワーするってことが当たり前ではない(もちろん、それが当たり前の人もいる)。
うちの子は今日、1週間くらいはいってない、ということに気が付き(!!!!!)、寝る前に急遽お風呂へ。久しぶりのお風呂に子どもも楽しそう。というか、1週間はさすがにまずいな、、、でも、要するに気を付けないと、そういうことになってしまうのだ。気を付けようっと、、、。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント