若者の自殺 その3

俳優・女優たちの自殺が続く。
私にとっての認知度に関係なく、私はどうも最初の三浦春馬の件がひっかかり続けている。
彼の最後のコメディードラマが放送されたが、これは見ることができなかった。
正確には少しだけ見て、見ていられなくなった。
記事では、戦争もののドラマの役で彼が感情移入したことが取り上げられていたが、私は逆に、こういうコメディーを自分の気持ちに反して演じていたことのほうが、その気持ちを想像するだけでしんどくなる。


竹内結子の件では、子どもがいる私としては9か月の子どものことを考える。
かわいいさかりのはずだ。上の子はすでに手がかからず、年齢的にみて最後の出産かと思えば余計、これでもかというくらいかわいがっていたはずだ。少なくとも私なら、周りが不安になるくらい甘やかして、かわいがっていると思う。
4回目の着床で夢をみちゃったぶん、余計想像してしまう、9か月の赤ん坊の姿を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント