40代後半の妊娠②

妊娠したとわかると、現金なもので急につわりが強くなる。
ちょっとPCに向かっているとすぐに疲れてめまいを感じる。頭痛がする。すぐにあくびがでる。おなかもなんだかごろごろして、何かが活発に動いているかんじがする。胸もチクチクする。トイレも近くなったかんじ。
結局、子どもが保育園に行っている間は、午前中・午後と2回ずつ2時間ずつくらい昼寝をし、夜は子どもとともにベッドにはいる。
そんな生活を3日続け、今回は大丈夫、と思い始めていた。
ベビーベッドが売れ残っているのも、運命のようなものではないか、という気がした。

でも、4日目の夜。ベッドに横たわってみると、どうもおなかが軽い。昨日までは張っていたのに、その日はぺちゃんこになる。え?え?と思っていたら、胃がふくれあがって、その後、すーっと楽になった。ああ、またか、と思った。命の火が消えた瞬間の感覚。もう何度目だろう、この感覚。

そうなると、またまたわかりやすいもので、眠気や頭痛、めまいがなくなり、胸の痛みも、お腹のはりも一気に消えた。
化学流産の時期は過ぎてしまったから、また流産手術か、、、と思っていたら、出血もあった。手術の必要がなくてちょっとほっとしたけど、ということは、まだ心拍もあらわれていなかったのかとわかり、それもショック。

妊娠する力はまだある。でも、卵子が年老いていて、妊娠を継続することができない。わかっていたことだけど、またしても思い知らされた。
でも、そんなことを思い知らせるために今回の妊娠があったとは思えない。何のためだったんだろう。そこがまだ消化できないでいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント