ドイツの子育て82(戦略)

何度もいうが、うちの子はママっこだ。

保育園に行きたがらないのもそうだけど、保育園で楽しんでませんアピールも結局、そこからきている。
最初は保育園に行きたがらないし、迎えにいって「今日はどうだった?」「誰と遊んだの?」と聞いても、「誰とも遊んでいない」「一人で遊んだ」「A(担当の保育士さん)とだけ遊んだ」、などといって、ちゃんと答えてくれないから、何か問題でもあるのかと思っていた。おむつをはずしてからは、パンツにもらしたとしか言わないし、それにしては保育士さんは私に何も言ってこないし、ぬれたパンツがおしっこのせいなのか、水遊びのせいなのかわからないままに時が過ぎ、いつしか、ああ、これもうちの子の保育園楽しんでません・うまくいってませんアピールなのだとわかった。

先日は、私がママ友と予定があり夜に外出させてもらった。ママだけ楽しむのは悪いから、そのママ友と一緒に、パパX2と子どもX2が一緒にママのいない夜を過ごせるようおぜん立てをしたうえで。
翌日、「昨日はどうだった?」と聞くと、「ピザも食べてないし、りんごジュースも飲んでいないし、お友だちとも遊んでいない」という。もちろん、実際には全部楽しくやったことだ。これもまた、ママがいないと楽しくありませんアピールなのだ。

しかしまあ、どうしたらそういう戦略?が思いつくんだろうか。ママがいない夜を「楽しかった」と言ったら、ママがいなくていいってことになる=ママが頻繁にいなくなっちゃう?!って考える4歳児。ちなみに私は子どもが生まれてからそうやって夜に外出したのは今回が2回目だ。ふぅーむ、愛が強すぎるわ~~~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント