ドイツの子育て68(トイトレ6)

トイトレ5日目。
家ではなるべく声かけをせず、自分の判断でトイレにいってもらおうと思っている。が、つい、「トイレは?」と聞いてしまう。ダメだなぁ。
でも、気が付いたら、私が促した場合も自分から行く場合も、おまるではなく、トイレでおしっこをするほうが多くなった。それは保育園のことを考えるといいことかなと思う。
ただし、問題はうんちだ。今のところ、失敗はないが、トイレでしたことがない。実はおしっこの場合でも、トイレの便座にすわっているのではなく、背もたれに向かって便座にまたがり、いわゆるうんちんぐスタイルで用を足している。うんちをその格好でするためには、足とおしりの位置が重要だ。でも、本人はおしりの位置は見えないだろうし、うんちのときはおしっこも同時にでるから、あまり前に出てしまうと、おしっこが便座やら背もたれやらにかかってしまう。保育園では子ども用の小さい便座だから慣れれば座ってできるはずだが、家で一度も便座でできていない状態で保育園に送るのは心配だ。さて、どうするか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント