コロナウイルス77

ベルリン人口約375万 6月29日 18時45分 感染者8219人(44人増) 病院で隔離・治療中123人(うち集中治療31人) 死亡者214人(うち3人が40-49歳、12人が50-59歳、23人が60-69歳、59人が70-79歳、81人が80-89歳、36人が90歳以上。平均81歳。) 回復した人7272人 ベルリン…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て59(嫌な理由)

月曜日。1週間の開始。保育園の開始だ。 朝起きるなり、うちの子は「今日、保育園にいく?」と聞いてきた。「行くよ」というと、「いやだー、行きたくない~」。ああ、はじまったか。 今朝はさらに、「ドイツの保育園好きじゃない」という。「日本の保育園に行きたい」と。日曜に日本語補習校の友だち(=日本ハーフ。共通語がたいてい日本語。時々ドイツ語…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス76

ベルリン人口約375万 6月27日 19時40分 感染者8175人(9人増) 病院で隔離・治療中121人(うち集中治療30人) 死亡者213人(うち3人が40-49歳、12人が50-59歳、22人が60-69歳、59人が70-79歳、81人が80-89歳、36人が90歳以上。平均81歳。) 回復した人7217人 これまでの…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス75

ベルリン人口約375万 6月27日 19時40分 感染者8167人(23人増) 病院で隔離・治療中121人(うち集中治療31人) 死亡者213人(うち3人が40-49歳、12人が50-59歳、22人が60-69歳、59人が70-79歳、81人が80-89歳、36人が90歳以上。平均81歳。) 回復した人7196人 接触制限…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの卵

ドイツでは生卵を食べないほうがいい、というのが定説である。 日本の洗浄・殺菌されている卵に比べ、ドイツの卵は無洗浄のまま売られるため、サルモネラ菌のリスクがあるからだという。 私は特に生で卵を食べたいという欲求はないから普段「あーーーー、生卵が食べたい~~~~」と思うことはない。が、ふと、アイスを自分で作ろうとレシピを見て、あれれ。…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス74

ベルリン人口約375万 6月26日 19時28分 感染者8144人(49人増) 病院で隔離・治療中128人(うち集中治療32人) 死亡者213人(うち3人が40-49歳、12人が50-59歳、22人が60-69歳、59人が70-79歳、81人が80-89歳、36人が90歳以上。平均81歳。) 回復した人7125人 公共交通…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス73

ベルリン人口約375万 6月25日 19時30分 感染者8095人(75人増) 病院で隔離・治療中135人(うち集中治療34人) 死亡者212人(うち3人が40-49歳、12人が50-59歳、22人が60-69歳、58人が70-79歳、80人が80-89歳、36人が90歳以上。平均81歳。) 回復した人7081人 交通公共…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て58(インドア派)

最近、うちの子は台湾・ドイツハーフの子と仲良しだ。 今日も保育園に迎えに行くと、その子のママが先に迎えにきていて、公園で私たちを待っているという。子どもにせかされて、私たちもその公園に向かった。 公園で10分ぶりに再会し(笑)、さあ、二人で遊び始めるかと思いきや、なんだかうちの子は機嫌が悪い。 そういえば、今週から保育園が再開…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス71

ドイツのいたるところで、クラスターが発生している。食肉工場で1500人が感染、というのは日本でも大きく報じられたはずだ。 ベルリンでも小規模ながらクラスターがおきている。少し前にはある地区で学校が閉鎖されたし、教会の礼拝が原因で感染が広がり、住宅棟が隔離されたりしている。そして、昨日はとうとう、うちの比較的近所の住宅棟でも44人の感染…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て57(コロナごっこ遊び)

昨日から保育園は通常通りとなった。 けれど、親は相変わらず建物の中には入れず、マスク着用のもと、外の扉から園庭にはいり、そこで子どもをあずけたりピックアップしたりする。その間、子どもたちはずっと庭で遊んでいる。これも、コロナ対策だ。幸いなことにここ最近は天気がいいし、親としても庭で思い切り遊んでくれるほうが子どもが疲れてくれてよい。 …
コメント:0

続きを読むread more

ダンゴムシその4

またまた、脱皮前のダンゴムシ発見! 下半身が白くなっていて、まもなく脱皮!と思われた。 わくわくして、翌日、飼育ケースを覗いてみると、、、動かなくなっていた、、、。 検索してみると、脱皮に失敗して、または脱皮後に死ぬことはよくあるらしい。 そういえば、前にお亡くなりになったダンゴムシも、脱皮後、触覚にまだ白いのが残っているな、と…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て56(4歳児語録)

最近のうちの子語録。 ・義母の家で絆創膏を欲しがったので、「おばあちゃんに聞いてごらん。おばあちゃんはお医者さんだから(実話)持っているはずよ」と答えたら、「おばあちゃんはお医者さんじゃない」、「なんで?」、「だって、白い洋服を着ていないもん」。 ・私のTシャツをめくり、ブラジャーをみて、「おっぱいのパンツ」。 ・『ヒ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス70

コロナの影響で、ドイツの大手デパート、ガレリア・カールシュタット・カウフホーフが全土にある172店舗のうち62店舗を閉店することに。2万8000の従業員のうち6000人が職を失うことになる。 ベルリンでは11店舗のうち6つか閉店する。 今後、第2波もあるだろうが、それに耐えられなくなる企業はいったいどのくらいになるだろうか。コロ…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て55(ママ友事情)

少し前に仲良くなった台湾のママ友家族を夕食に招待した。 アジア人またはアジアをよく知っている人にご飯を作るのは簡単でいい。日本人だと、日本食だからというだけで喜んでくれるわけではないし、下手なものは出せないから難しいが、他のアジアの国の人だと、日本人が作る日本食というだけでありがたがってくれる&醤油・酒・砂糖・出汁・ニンニク・ショウガ…
コメント:0

続きを読むread more

アマビエ

アマビエって何だ? 日本を離れて7年。 日本のニュースは子どもが生まれて大変だった時期とコロナで保育園が閉鎖されて自分の時間がとれなくなった時期を除けば、ほぼ毎日見ている。その中で、この「アマビエ」に関するニュースは、なにがなんだかわからなくて、異国のニュースをみているようだった。なんなんだ、アマビエって。ニュースの内容も、回転…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て54(おむつ)

子どものおむつ問題。 前にも書いたが、うちの子は4歳にしてまだおむつ。 とる気も本人には全くない。先日も、おむつを交換し、すぐにお風呂にはいるから、と新しいおむつをはかせずにいたら、なんだかだらだらそのまま遊んでいる。そこで、お風呂に入るまでのつなぎとして、パンツをはかせてみた。 が、親の仇とばかりに、脱いで投げすてた。パンツが嫌…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て53(ピクセル塗り絵)

夫は日本のゲームが好きだ。 子どものころは、それこそ任天堂のファミコンでスーパーマリオをやったりしていたらしい。 あるとき、私は本屋でピクセルを使った塗り絵を見つけた。それも、80年代のレトロなゲームのキャラなどが載っているらしい(私は全く知らないが)。ふむ、夫に買ってあげるか。夫に渡すと喜んではくれたが、本棚においたまま、しばらく…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て52(ママっこ)

うちの子はママっ子だ。それもどうやらかなりの。 一人っ子なこともあって、簡単には比較ができないが、同級生の様子を見ていても、当たり前のようにママの膝の上に座る子はもういない。少なくともお友だちと一緒にいるときは。もちろん、家ではママに甘えているのかもしれないが。うちの子は人の前でも、あったりまえのように私の膝の上に座りたがるし、私の腕…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て51(「ヒカルの碁」)

私の夫(ドイツ人)は囲碁が好きだ。 夫はもともとはチェスをしていたが、囲碁に出会ってから、そっちのほうが魅力的に感じたらしい。彼曰く、チェスはつぶしあい、囲碁は防御戦ということで、争いではないからいいのだ、という。 私はどっちもまったくわからないから、ふうん、というかんじ。 で、夫は子もにも囲碁を教えたいという。うん、それはいいん…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス69

ベルリンの新規感染者87人増だそうだ、、、。さすがにこの増え方はこれまでにはなかった。ちょっとショック。 ちなみに学校や保育園での感染が増えているそう。うーん、わからんでもないが。 これがデモ参加者たちの間で増えているとかだったら、マスクせずに大声で叫んでいるからだろうなーって思って納得だけど、学校や保育園て切ないなぁ。これからます…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て50(「そんなことない」)

最近、子どもが「ご本読んで」と言ってくることが増えた。 意識をしないとつい本を読まなくなってしまう母にとってはありがたい話。自分で本を選んで持ってきてくれるからそれも助かる。 その中で最近、うちの子がはまっているのが『そんなことない!』という本。 誰かからのいただきものなのだが、非売品で、作者も出版社もわからない。 話自体は、よ…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て49(保育園2日目)

保育園2日目。 朝はやはり「Kita(保育園のこと)、大好きじゃない」、「いきたくない」という。 うーむ。 いろいろと制限が多くてリラックスして楽しく過ごせないのかな、とは思うが、こっちは、ちょっとは通えるようになったことをありがたがれー!!!という気分だ。 とはいえ、行く時間になればそれなりにすぅーっと保育園に向かってくれる。…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て48(保育園再開)

コロナで閉園になって3か月弱。昨日は久しぶりの登園だった。 前日に、「明日からKita(保育園のこと)だよ!」とテンション高めに言ってみたが、無反応。 当日朝も「さあ、Kitaだ!お友だちと一緒に遊べるよ、よかったね」と言うが、「、、、いかなーい」。え?! 確かにコロナ以前も、愚図らなくはなったものの、お勤め…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て47(なぜなぜ期)

はじまった、子どもの「なぜなぜ期」。 とにかくなんでも「なんで?」、それに一度答えてもまた「なんで?」。 答えられるものはなんとか返事をするが、ちょっと聞いていると、なんだか惰性でただ口から「なんで?」という言葉が出ているだけのようにも感じるときがある。そういうときはちょっとイラっとする。こっちは誠心誠意、答えているのに!と。 あ…
コメント:0

続きを読むread more

ダンゴムシその3

今日は友人の庭に行き、ダンゴムシの飼育ケース(マッシュルームがはいっていたプラスチック容器)の土を新しく入れ替えてきた。^^ ダンゴムシは結構フンをするらしく、土の入れ替えをそろそろしたいなと思っていたのと、普段ダンゴムシはなかなか顔をだしてくれず、いったい何匹いるのか、そもそも元気なのかどうかも不明だったから、夫の提案(友人の庭に行…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て46(外来語)

うちの子はドイツ語と日本語がいまのところ半々くらいでできる。 3人で一緒にいるときに、パパがドイツ語で話した内容をすぐ隣にいる私に日本語に訳して伝えたり、その逆も上手にできる。パパは日本語がちょっとしかできない、ということがわかっているから納得なのだが、ママはドイツ語が分かることを知っているのに同時通訳してくれる。いい訓練だなと思うか…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て45(解決策)

うちの子に親友ができた。例の台湾ハーフの子だ。 今日はその子の家に遊びに行った。 うちの子にしては珍しく、自分がボス役になれるお友だちだったようだ。初めて、自分がイニシアティブをとって遊んでいる姿をみた。 うちの子は3月生まれのこともあって、日本語補習校の同級生はたいてい月齢が上だ。体格もうちの子は小柄だし、体力というか筋力も…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス68

このコロナ危機に直面して、ドイツは子ども手当(家族ボーナス)を支給するという。子ども一人当たり300ユーロ(3万6000円くらい)。非常に助かる。 また、7月から今年いっぱい、付加価値税(簡単にいうと消費税)を19%から16%に引き下げることになったそうだ。食料品などにかけられる税金も7%から5%に引き下げる。 これはすごいことだと…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て44(73%)

ベルリンでは現在、73%の子どもが保育園に通っているという。ただし、たいてい一日4時間の短縮保育だ。 うちの子もようやく来週から保育園にいけるようになった。室内の消毒があるから、という理由で午後から3時間半だが、それでも涙がでるほどうれしい。今週初めに、保育園に申し込みのメール(なぜか申し込みが必要だった。おそらく保育園に連れて行きた…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て43(水場)

ママ友と公園にいった。 向かっている途中、うちの子が「お水ある?」と聞いてきた。そう、うちの子はものすごい水好きだ。しかもその日は27度と夏日だった。 小さい子はたいてい水が好きだけれど、うちの子の水好きは尋常じゃない。保育園の先生やママ友たちの間でも有名なくらいだ。 夏になると、とにかく水場につれいけば勝手に何時間でも遊んでいて…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス67

コロナ離婚。 たびたび聞く言葉だが、実はうちもその危機?に陥ったことがある。 以前書いたことがあるが、私たち夫婦は基本的に仲が良い。周りのママ友も認めるラブラブぶりだ。これは基本的に夫の性格と職業によるものだ、と私は思っている。というのは、夫はまず家族を大切にする&女性に囲まれてもなんとも思わないタイプで、かつ、フリーランスではない…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て42(ママ友事情)

先週、台湾出身のママとプライベートで会った。もちろん、子どもを遊ばせるのが目的だ。 保育園で子どもを迎えにきている彼女を見かけたときには日本人かな?と思った。そのくらい、台湾の人は日本人と雰囲気が似ている。 子ども同士も半年くらいしか年齢が変わらない&アジア+ドイツハーフで容姿が似ているからか、所属するグループは違うのに、庭でちょこ…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの子育て41(義実家)

義実家に行ってきた。 車で2時間くらいのところに住む義実家の家には、クリスマスなどの行事はもちろん、特別な理由がなくとも気軽に行っていた。が、コロナのせいで、ここ最近行くことができなかった。 この間に子どもが、おじいちゃん、おばあちゃんのところにいく?と何度か聞いてきていて、それに応えられないのが、仕方がないとはいえ、親としても辛か…
コメント:0

続きを読むread more