ドイツの子育て54(おむつ)

子どものおむつ問題。
前にも書いたが、うちの子は4歳にしてまだおむつ。
とる気も本人には全くない。先日も、おむつを交換し、すぐにお風呂にはいるから、と新しいおむつをはかせずにいたら、なんだかだらだらそのまま遊んでいる。そこで、お風呂に入るまでのつなぎとして、パンツをはかせてみた。
が、親の仇とばかりに、脱いで投げすてた。パンツが嫌いらしい。。。

そのお風呂でのこと。
最近、入浴剤にはまっていて、子ども用の入浴剤を買いにつれていかれる。だいたい1個1ユーロだが、高いものでは3ユーロするものもある。子どもは値段のことなんか考えないから、時々高いものを欲しがったりする。確かに新しいものを試してみたいのだろう、と思い、時々は買ってあげる。でも、1ユーロのものだとしても、毎日使われてはちょっと経済的に痛手だ。
それに、最近は2つ3つ、同時に使いたがるようになった。色を混ぜるとどうなるのかを知りたいということだから、その知的欲求は満たしてあげたいと思うものの、そんなことに喜びを見出され、日常的にやられたら困る。
そこで、トイレでおしっこができたらその都度10セントをあげるということにした。それをためて、自分で入浴剤を買った場合には、2個でも3個でも同時に使えばいい。
早速、今朝、自らトイレに座り、おしっこをした。10セントもらって本人はほくほく顔。さて、これがどのくらい続くかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント