ドイツの子育て51(「ヒカルの碁」)

私の夫(ドイツ人)は囲碁が好きだ。
夫はもともとはチェスをしていたが、囲碁に出会ってから、そっちのほうが魅力的に感じたらしい。彼曰く、チェスはつぶしあい、囲碁は防御戦ということで、争いではないからいいのだ、という。
私はどっちもまったくわからないから、ふうん、というかんじ。
で、夫は子もにも囲碁を教えたいという。うん、それはいいんじゃないかな。囲碁から学ぶことは多そうだ。
ということで、ひとまず『ヒカルの碁』を見せることに。(笑)
今の若い囲碁棋士でこの漫画をきっかけに始めた、という人がいるらしい。さあて、どうなるか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント