コロナウイルス60

ドイツでコロナ対策としての制限措置に反対するデモが増えているらしい。
今日は、ここベルリンでも、アレクサンダー広場、ローザ・ルクセンブルク広場、国会議事堂前などでデモがあったとか。
国会議事堂前では最高で330人が集まり、警察官100名が投入された。集会は50名までとなっているため、その違反や接触制限違反(1.5mの間隔をとる)、秩序違反、侮辱や障害の疑い、武器法や集会法違反によって、多数が逮捕された。その中には陰謀論者も含まれていた。彼はマスク着用義務を奴隷制になぞらえていたという。
ローザ・ルクセンブルク広場では、申請のあった12のうち10のデモが実施され、数百人が参加した。約400人の警官が投入され、接触制限違反で多数が逮捕された。
アレクサンダー広場には約1200人が集まった。警官約500人が投入されて、警官への侮辱・暴力、騒乱罪、器物破損罪、接触制限違反などを理由に86人が逮捕された。ここでは「自由」や「抵抗」との叫び声が響いていたらしい。

さて、コロナに基づく接触制限に対する反発、、、。自由を取り戻したい、という気持ち、、、。わからんわけではない。
政府が大きすぎる力を持つことや自由を制限されることに対して批判的であること、はとても大事なことだ。でも、今はまずはコロナの終息が第一優先だ。せっかくのみんなの我慢を無駄にするようなことはやはり理解ができない。
また、こうした不満や不安は利用されやすい。今だったら、コロナ危機で力を失った右派がこの機会を利用しようとするだろう。右派に餌を与えてはいけない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント