小麦粉問題

日本で、自分で料理することを目的にスーパーに買い物にいったことがないから(ドイツにやってくるまで実家暮らしだった)、日本にどんな種類の小麦粉が売られているのかは知らないが、ドイツにはいわゆる普通の小麦粉のほかに、ピザ用、お菓子用、パン用、パスタ用、全粒粉などいろんな種類がある。私はそれらを使いこなしたことはなく、いつも普通の小麦粉を買って、とんかつやらクッキーやらを作っていた。マフィンなどを作るときは、たいていセットになっている、混ぜるだけのものを買ってくる。
ただ、このコロナ騒ぎで、子どもと時間をつぶすために急遽マフィンを作ろうか、となることが多かった。そのときに気を付けなければならないのは、日本の小麦粉とドイツの小麦粉は違うということ。簡単に言うと、ドイツの小麦粉は中力粉にあたるらしい。
最初はそんなことは知らないから、日本のレシピを適当に検索して作ってみていた。子どもが焼きたてを食べる分にはまあまあのものができるが、どうもしっとりといかない。
そんなとき、子どもの誕生日でスポンジを焼くことになり、日本のレシピで作ったところ、膨らまない!
仕方がないから、その時はスポンジを2つ焼いて、上下にし、間にイチゴを挟んでなんとか見かけだけはイチゴのケーキにしたが、ふわふわのスポンジとはほど遠かった。うーん、残念。
その後、偶然、日本の小麦粉をいただいたから、ここぞとばかりにマフィンを作ってみた。しっとりで激うま!なるほど、やはり小麦粉の成分が違うんだなと思い、次にドイツの小麦粉でドイツのレシピでマフィンを作ってみた。あら、、、?結構、おいしい。よく考えたら、そうよね、、、。ドイツの小麦粉なんだから、ドイツのレシピで作ればいいのよ。がってん!
ちなみにドイツの小麦粉だと、天ぷらはうまく作れないらしい。まー、天ぷらはそんなに頻繁に食べるものでもないし、日本食レストランに行こうかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント