ドイツでの結婚1

ドイツで結婚した。

手続きは、結婚相手のドイツ人とドイツ国内で遠距離だったということと、二人が今住んでいる都市のどっちでもない都市で入籍手続きをすることにした、ということによって、余計な時間と労力が必要だったほかは、比較的スムーズだったと思う。

日本人の私がそろえなければならなかった書類は以下のとおり

1.戸籍謄本(抄本)とそのドイツ語訳
※翻訳を依頼する前に、日本の外務省でアポスティーユをとる必要がある。
※ドイツ語訳は書類を提出する市役所に問い合わせたほうがよい。指定の翻訳会社を提示してくる場合がある。
2.独身証明書(Ehefähigkeitszeugnis)
※日本の市役所でとったものは、翻訳を依頼する前に日本の外務省でアポスティーユをとる。その後、ドイツ語訳する。これも戸籍謄本の翻訳会社と同じところに頼むとよい。私の場合、戸籍謄本と合わせて100ユーロ程度だったと思う。
※住民登録しているドイツの都市の住民局でも同じものを取得する。
3.パスポート

私たちはこれらの書類を、まずは彼の住む都市の戸籍課に持っていき、不備がないことを確認してもらった。
その後、入籍する予定の都市の戸籍課に出向き、入籍日の予約をとった。
日本からとってきた書類の有効期限が3か月とのことで(書類自体に有効期限はない)、ここまでを書類の取得から3か月以内にしなければならない。

入籍日までに用意しなければならないものは、結婚指輪と、結婚証明書をとじるファイル、当日のバックミュージック。入場、誓いの言葉、指輪の交換、退場、それぞれのシーンに1曲、計4曲を選んでCDにして持参すること、と言われた。
私たちは、ジブリの映画の中から2曲、葉加瀬太郎の曲を2曲選んだ。これは、戸籍課の人にも好評であった

結婚指輪は、既成のものを買うのではなく、工房で手作りしている職人さんのところに行き、オリジナルで作ってもらった。素材をプラチナにすることは最初から決めていたし、石のないシンプルなデザインにしたかったら、既成のものでも見た目は変わらなかったかもしれないが、細かいフィット具合などがやはり違うように感じる。

結婚証明書のファイルは、革製のものを購入した。いわゆる専用のファイルは、指輪や♡柄、花などをデザインにしているものが多く、なんだか「いかにも」というかんじがしてあまり気に入らなかった。
普通の文房具屋さんにいったところ、本革のファイルがおいてあり、しかもその会社が最近廃業したとのことで、再生産はないという。とても気に入ったのと、セールになっていたことから(定価は300ユーロを超えていた!!)、これを購入。時間がたってからの皮の味わいも楽しみである。

入籍式については、次回また


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック