『敬愛なるベートーヴェン』

原題:Copying Beethoven
アメリカ・ハンガリー合作/2006年/104分

1824年のウィーン。交響曲第九番ニ短調の初演4日前、ベートーヴェンのもとに写譜師アンナ・ホルツがやってくる。当初、女性のコピイストに憤ったベートーヴェンだったが、彼女の才能を認めるようになり・・・。

画像



場面場面の明暗や時代を思わせる風景、衣装、建物などはさすがでした。また、偏屈で下品な鬼才ベートーヴェンを演じたエド・ハリスも素晴らしかったです。そしてそして、なによりも第九の初演の演奏は圧巻!
ただ、もうちょっと、ベートーヴェンとアンナの仕事ぶりを見せてほしかったです。二人のお互いに対する気持ちは、異性として、先人と後人として、音楽家として、人間として、、、、とにかくいろんな側面を持っていたと思います。その部分をもう少し丁寧に描いてほしかったと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック