『誰がため』

原題:Flammen&Citronen
2008年/デンマーク/136分

ナチス政権下のデンマークで抵抗運動に奔走するフラメンとシトロンの実話を描いた作品。
ナチスの協力者たちを暗殺していく二人。しかし、ある女性の暗殺命令をきっかけに、上層部への猜疑心を強めていく。

画像


ううーん、ちょっとわかりづらかった・・・かな。もちろん、要するに戦争のむなしさ、題名にもなっている「誰がため」というメッセージは伝わるのですが、もう少し強弱というか、絞りがほしかった気がします。主人公二人の演技はとっても上手で、別の作品も見てみたいと思いました。

公式サイトはこちら






ワルキューレ ヒトラー暗殺の二日間
原書房
スティ・ダレヤー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワルキューレ ヒトラー暗殺の二日間 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック